Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 07日

原田知世 / I could be free

僕が住んでいる北海道も、いよいよ春めいてきました。
で、春っぽい日に聴きたくなるのがこのアルバム。原田知世の「I could be free」です。

■ 原田知世 / I could be free

b0166043_2182543.jpg女優さんが音楽活動しているのってどこか片手間な印象があったり、特に原田知世の場合はデビュー当時の「時をかける少女」のあまりにもヤバい歌唱力もあったりで、歌い手としての評価が著しく低いような気がしています。

でもね。ちゃんと聴いてみると、これがいいんです。なかでも1997年に発表された「I could be free」は、カタログ中でも1・2を争う佳作。(HMVのレビュー見ると絶賛の嵐です)

97年と言いますと、Cardigansに代表される北欧ポップス全盛期で、「I could be free」も北欧の名プロデューサー、トーレ・ヨハンソンが関わった作品です。
シングルカットされたこの「ロマンス」なんかは、軽やかなリズムに色鮮やかなブラスが乗る、北欧ポップスど真ん中な曲ですね。



あ~春だわ。執拗なまでのVoハーモニーも素晴らしい。

ただ、アルバムを通して聴くと、こういったベタい曲ばかりではなく、タイトルトラック「I could be free」、「LOVE」、「Are You Happy?」、「燃える太陽を抱いて」などなど内省的な楽曲も多く、そのバランスが個人的にとても気に入っていたりします。作詞は本人が手掛けているとのことですが、綴る詞から察するに誠実な人なんだな、って思いますね。歌い手として、もっともっと評価されてほしい。
[PR]

by zakiryo | 2009-04-07 02:21 | POP


<< Stone Temple Pi...      The Anniversary... >>