Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 17日

Edge of Sanity / Purgatory Afterglow

原田知世とEdge of Sanityを同じ感覚で聴いている人が、果たして日本に何人いるのか分かりませんが、とにかく今回の主人公はEdge of Sanityです。

1994年のメロデス勃興に大きく寄与したEdge of Sanity…というか、Dan Swanoとこのアルバムは、大袈裟でなく、この後のエクストリーム・ミュージックに多大な影響を与えた超重要な一枚なのです!

■Edge of Sanity / Purgatory Afterglow

b0166043_1531822.jpg80年代のLAメタルに代表されるように、HMって実はそんなにへヴィでもメタルでもないんですよね。
で、硬派な方々が「とにかく速くてへヴィな音楽を!」と、アンチテーゼとしてデスメタルは生まれてきたと思うのですが、如何せん音楽としての起伏に乏しく、また何だか知らないけど音質が悪いほどカッコいいみたいな風潮もあったりで、アンダーグラウンドから脱却できぬままに時は過ぎていたのですが、そこにメロディックなリフとソロを持ち込む、という一大発明がなされました。そうして生まれたのが、Melodic Death Metal、略してメロデスです。

メロデスが世界的な広がりを見せたのは、94年に今回取り上げるEdge of Sanityや、Dissection、In Flames、Dark Tranquillity、Amorphisなどなどが、一般メタルリスナーにも(主に音質面で)耐えうる作品を発表したのが契機かと思います。(Burrn!でも、この年にメロデス特集が初めて組まれたはず)

当時は「デス声」すら表現手法としてまだ一般的ではなかったので、「デスメタルにメロディックなギターが載って…」云々、活字でメロデスの説明を読んでもいま一つイメージ出来ずにいたのですが、そんな疑問に一発回答を突き付けるのが、「Purgatory Afterglow」の1曲目「Twilight」。
クリーンヴォイスで朗々と歌い上げて始まったかと思ったら一転、メロディックなリフとデス声に突入…と「これぞメロデス」な名曲なのです。

で、この「Twilight」はビデオがないので、同じアルバムからこちらも名曲の「Black Tears」をどうぞ。



曲は最高だけど、ビデオは最低の出来ですね…。
ただ、後にドイツのメタルコア番長Heaven Shall Burnや、Eternal Tears of Sorrowなんかがこの曲をカバーしていることからも、やっぱみんなこのアルバム聴いて影響受けたんだな、って思います。このリフは後世に残りますな。

そしてこのバンド絡みでもう一つ思い出深いのが、先ほどもちらっと書いた94年のB!メロデス特集に載った、Dan Swano(Vo、Gu)のインタビューです。
「なんでこのスタイルになったの?偶然?」という質問に対して、「違う。明確な意思を持ってこのスタイルをやっている」と答えていたのが、物凄く印象に残っています。
その当時、多くのメタルバンドはグランジっぽいスタイルを新しく入れては、浅はかな売れ線狙いになり果てるパターンが多く、さらにインタビューで「グランジっぽい?いやいや偶然だよ!」と嘘っぽいことを言っては消え去っていっており、それだけにDan Swanoの強い意志を含む言葉は本当に印象的だった。

そう考えると、Edge of 「Sanity」なのも意識してのことなのかな、とこれは勝手にですが、思っています。
なんつーか、「Insanity」の方がメタルっぽいじゃないですか?でも「Sanity」としたところに、Dan Swanoのインタビューと同じ「コントロールすることへの強い意志」を感じるというか。

ただ、この「Purgatory Afterglow」が後世にも残るような名盤だっただけに、アルバム1曲40分という実験的な次作「Crimson」を最後に、この時の布陣がバラバラになってしまったのが悔やまれます。
[PR]

by zakiryo | 2009-04-17 01:56 | Death / Gothic


<< Madonna / Ameri...      Stone Temple Pi... >>