Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 12日

Amon Amarth / Versus the World

僕ら日本人が「ヴァイキング」と聞くと、昔放送されていたアニメ「ビッケ」で見たような、角のある兜を被って、角のジョッキで酒飲んで的なイメージしか思い浮かびませんが、特にスカンジナビア半島の国々にとってはその歴史上重要な民族?生活様式?のようです。

で、メタルシーンのなかでは、闘いに明け暮れる?ヴァイキングの生き様を模したから?理由はよく分かんないのですが、とにかく「ヴァイキング・メタル」と呼ばれる一派が存在しています。

「ぷ。ヴァイキングメタルて」と、これまた日本人の感覚からすると思わず小馬鹿にしたくなるところですが…。

■ Amon Amarth / Versus the World

b0166043_2413749.jpg楽曲のスタイルだけを見れば、メロデスorブラックの流れにあるというか、メロデス化したMANOWARという感じで、Guのリフにしろソロにしろ、とにかくメロディがクサくてヒロイックというのが特徴かと思います。なので「ダサい」と常に表裏一体というか、力量のないバンドがやるとただただイタイだけのスタイルでもありますね。

ということで、Guを中心とした高い演奏技術と、そして何より(歴史上の)「ヴァイキング」への憧憬・敬意があって初めて成立するもの、それがヴァイキング・メタルなのです!

Amon Amarthは、そんなヴァイキングメタルを代表するバンドの一つで(って僕はこれとMithotynぐらいしか聴いてないけど…)、ライブのスタート時に刀と盾を持った人が出てきて戦うという寸劇を挟むぐらい、身も心もヴァイキングLOVEな男気溢れるバンド。(褒め言葉です)

どの曲を聴いても同じに聴こえる感は否めませんが、これ↓を聴いて燃えない奴は男じゃねえ!



なんかこう、思わず「僕も剣を持って戦場にいかなくちゃ!」と思ってしまうぐらいカッコいいですね。

しかし、これだけ小馬鹿にされそうな要素満載にも関わらず、曲と演奏で全てを捻じ伏せるというのが凄い。
日本では全然人気も知名度もないけど、動画の再生回数や評価の数を見ると、海外のメタルシーンではかなりの支持を集めてもいるようです。何気にキャリアも長いし。

因みに僕がこの「Versus the World」を買ったときは、「Viking Edition」とのことでお得な2枚組でした。Viking Editionて、もう本当に何でもアリですよね…。
[PR]

by zakiryo | 2009-07-12 02:43 | Death / Gothic


<< The Album Leaf ...      Altern 8 / Full... >>