Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 31日

Scorpions / In Trance

ここ最近でびっくりしたことと言えば、ひとつはクリスチャン・デスメタルバンドのBelieverがいつの間にか復活してアルバム出していたこと(B!のレビューが「良く分からないけど昔よりは良い」とかなんとか、すげー適当で笑った)、そしてもうひとつは大ベテランScorpionsの活動休止のニュースです。

AC/DCとかMotorheadとかと同じで、解散とか休止とかっていうイメージとは無縁だっただけにかなり驚きました。
とても好きなバンドでアルバムも揃えていたし、こんなタイミングだけどエントリーとして取り上げてみようと思います。

■ Scorpions / In Trance

b0166043_8342938.jpgScorpionsは65年にドイツで結成された5人組のバンドで、45年もキャリアがある大ベテランです。
いやしかし、改めて書くとキャリア45年ってすげーよなあ。その間ずっとそれなりのポジションにいるし、そんなバンドさっきも書いたAC/DCとこのScorpionsぐらいじゃないかなあ、と思います。(ちょっと考えてみたけど他に思い浮かばなかった)

で、このScorpions。恐らく海外ではベルリンの壁崩壊&Wind of Changeのイメージが強いかと思うのですが、日本の場合、一部のメディア…というかB!の影響でウリ・ロート時代の方が人気が高いかもしれません。
僕も熱心なB!読者だった頃、紹介記事に影響されてはコツコツと初期のアルバムを揃えたものです…。

彼らのカタログを初期から聴き進めてみると、確かにウリ・ロートの脱退を機にかなり音楽性は変わっていて、大雑把に言うと、初期→陰のあるハードロック、ウリ脱退後→キャッチーなアメリカンハードロックって感じでしょうか。僕はどの時代も好きですが、B!を熱心に読むようなHR/HMファンには、確かに初期の音の方が好まれるような気はします。

個人的には、アルバムなら94年の「Pure Instinct」、楽曲なら「Taken By Force」収録の「Born To Touch Your Feelings」が特に好き。「Born to~」は、曲の最後に日本語を含むいろんな言語でのポエトリーリーディングがあるのですが、それがいいんですよね。(同アルバムには、インギーもカバーした「The Sails Of Charon」も収められています。この曲はリフがちょーカッコイイ)
でも今回こうしてエントリーを書くためにあれこれアルバムを聴き直してみたけれど、良いアルバム・良い曲の多い、歴史に名を残すバンドだと改めて思いました。まさに「Born To Touch Your Feelings」な稀有なバンド。ぜひB!誌には、今後も若いリスナーを洗脳し続けて欲しいものです(良い意味で)。

そんな名曲群のなかから、動画は「In Trance」収録の「Life's Like A River」をどうぞ。79年に東京で行われたライブ映像だそうです。



これぞウリ時代の真骨頂!って感じ。演歌みたいだ。

今回活動休止のアナウンスは出ましたが、最後に新譜とワールドツアーでがっちり金儲けはしていくようですし、老後の蓄えぐらいは作っていってほしいですね・笑
日本もラストツアーに組み込まれるようなら、最後にKlaus Meineのカウベル聴きに行こうかな。

まあ、活動休止ってもメンバーが亡くなったとか悲しい理由ではないし、とにかく「お疲れさまでした」ですね。
[PR]

by zakiryo | 2010-01-31 08:36 | HM / HR


<< Ellie Goulding ...      August Burns Re... >>