Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 30日

今年聴いたアルバムBest3

あー。結局こっちのブログは年末まで放置してもうた。

でも年末だし、音楽オタクの意地で「アルバム of the year」的なエントリーだけは書くのです。去年に続き、今年もあまり新譜聴いていないので3枚だけですが、僕は以下のアルバムを良く聴きました。

No.1 Ellie Goulding / Lights
No.2 65daysofstatic / We Were Exploding Anyway
No.3 Lifehouse / Smoke & Mirrors


その他では、相変わらずAugust Burns Redもすげーよく聴いたかなあ。そしてガッカリ賞はサニーデイの新譜に捧げます。(サニーデイは言葉選びがあまりにも拙くて、昔の輝きが微塵もなくて悲しかった)

ということで、僕の今年一番印象に残ったアルバムはEllie Gouldingの「Lights」です。
僕にとっては「音楽として良い」という一線を越えて、本当に久しぶりに「時間と記憶が染みついたアルバム」になった気がします。(日本では全然ヒットしませんでしたけど…)

まあ、ぶっちゃけ「売れ線狙いの女性エレクトロ・ポップ」という説明で事足りる内容…ではあります。
ただ、父親の癌だったり、数年ぶりに見た満開の桜であったり、感情が揺れる出来事のなかで聴いていたら、何故か不思議と記憶に浸透する力がこのアルバムにはあったように思います。(完全に僕個人に起こった出来事に因るものだけど、音楽の良し悪しなんてこういう決して般化されない個人の感情が下すものですよね)

そして何より、歳を重ねるごとに、経験と引き換えに感情の襞のようなものを失いつつある今、その曲を聴くだけで情景や記憶がフラッシュバックする音楽と出会えたというのは、僕にとってとても幸せなことでした。2010年に聴いた音楽のなかでは、ぶっちぎりでEllie Gouldingの「Lights」が良かったです。

で、動画もそのEllie Gouldingで、Elton Johnのカバー「Your Song」をどうぞ。元が名曲なんでそりゃ卑怯だろ、と思いつつもこれがなかなか良いカバー。(つーかちょっと泣いた)



前回、自家感作性皮膚炎について書いて以降、皮膚炎絡みのキーワードでブログにアクセスしてくれる方がとても沢山いらっしゃいます。
つまりそれは「同じ皮膚炎で苦しんでいる方が沢山いる」証左なのか、と一人悲しい気持ちにもなります。

人が人生と呼ぶ時間のなかで吹く風は、基本アゲインストなのかもしれません。
皮膚炎であったり、他の病気であったり、悲しい出来事であったり、常に僕らに向かって来る向かい風のなかでも、来年は皆さんに多くの光が差し込むことを心から願っています。

みんな頑張れ頑張れ頑張れ頑張れー!!!
[PR]

by zakiryo | 2010-12-30 03:26 | 雑記


<< Texas in July /...      Biffy Clyro / B... >>