Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Electronica( 4 )


2009年 11月 29日

Daft Punk / Alive 2007

もし仮に、楽器も弾けないし歌も下手な僕が音楽の作り手になろうとするならば、PCを使ってテクノ/エレクトロニカ路線に進むのが一番現実的で簡単なのではないかと常々思っています。4つ打ちだけなら、全くの知識ゼロでもフリーのソフト使って30分もあれば出来そうだし。(実際どうなのかは分かりませんが、イメージ的に)

と、そんな簡単で敷居の低いテクノ/エレクトロニカではありますが、じゃあエンターテイメントとして成立しうる楽曲も簡単に作れるのかというと、一転、実は最も難しいジャンルなのではないかとも思うのです。「アンビエント」とか「酩酊感」とか、作り手に都合の良い言葉で煙に巻くというか、少なくともシラフの人には理解しづらい楽曲が多い気もしますし、アルバム1枚通して楽しんで聴けるアーチストとなると本当に少ない。

今回は、そんな簡単で難しいテクノ/エレクトロニカのトップを突っ走るDaft Punkをピックアップします。

■ Daft Punk / Alive 2007

b0166043_281537.jpgDaft Punkは、CMにも使われた「One More Time」ならほとんどの人が知っているであろう、謎のフルフェイス2人組で、あくまで僕個人の印象でしかないですが、テクノ/エレクトロニカシーンでは、Daft Punkがぶっちぎりのトップアーチストだと思います。

彼らが作る曲には、聴き手の嗜好を越える圧倒的な彩りと楽しさがあって、なんかもう、イチローが9年連続で200本ヒット打つのと同じように、ごく限られた人間にしか与えられない特別なセンスとか才能を思わずにはいられないほど、Daft Punkは飛びぬけてる。テクノ界のThe Beatlesですよ。

そんなDaft Punkの実力がさらに発揮されるのがライブでして、「凄い!」「楽しい!」というネット上での評判を、指をくわえながら羨ましがっていたところに発表されたのが、ライブアルバム「Alive 2007」。
ライブでのDaft Punkは2つの曲をリミックスしながら繰り出していくようなのですが、そのアレンジがまた良くて聴いてて燃えるんですよね。って、言葉を費やすよりも実際に見てもらうのが早いので、こちらの↓日本公演の様子をどうぞ。



いやー、何この幸福感。溜めて溜めてドカーン!(わー!)みたいな場面が堪りません。こうして動画で見てても燃える。死ぬまでに一度は実際にライブに足を運びたいなあ。(このライブ動画にも出てくる「Around the World」のPVもかっちょいいので合わせてこちらからどうぞ

因みに今回、このエントリーのためにDaft Punkの動画漁っていたら、予想以上にライブ動画が楽しくて元気が出ました。少なくとも僕の人生にとって、やっぱ音楽は大事なものだな、と今更ながらに再認識する機会にもなりました。12月も音楽聴きながら頑張ろう。
[PR]

by zakiryo | 2009-11-29 02:11 | Electronica
2009年 07月 19日

The Album Leaf / In a Safe Place

■ The Album Leaf / In a Safe Place

b0166043_2303831.jpgいつも仕事中はiTunesのパーティーシャッフルで適当に音楽を流しているのですが、先日、不意にこの曲が流れて完全に仕事の手が止まりました。

これ↓オフィシャルのPVではないみたいなのですが、映像との同期も素晴らしく美しい。







独立をして仕事をするとなると、否応なく人間の汚い部分を沢山見ることになって、自分の在り方も揺れる。最近ではもう溜息も枯れたけど、こういう音楽は正に「In a Safe Place」ですね。
[PR]

by zakiryo | 2009-07-19 02:32 | Electronica
2009年 07月 06日

Altern 8 / Full On..Mask Hysteria

Beat UKのことをつらつら書いていたら、俄かに思い出しました。Altern 8のことを。

■ Altern 8 / Full On..Mask Hysteria

b0166043_4535971.jpg90年代初頭のUKで、防塵マスクを付けた怪しい2人組がアタックの強いテクノを撒き散らしていた…というのがAltern 8のだいたいの説明…というか、当時はそのぐらいしか情報がなかった。前回も書いたようにBeat UKは全く日本語での説明が出てこなかったので。

で、今ふと名前を思い出してググってみると、「Oldskool Hardcore Rave」だそうで、唯一のアルバムである「Full On..Mask Hysteria」も去年再発されているようです。

因みにHMVのレビューでは「このアルバム『Full On .. Mask Hysteria』は当時全英チャートのトップ10にも入った名盤中の名盤!この作品が当時のダンスミュージックシーンや社会へ齎した影響は計り知れず、ここ日本でも多くの信者が存在している。正真正銘、レイヴカルチャーの金字塔的作品なのだ」だって。本当なのかしら…。

今回は代表曲「E-Vapor-8」の動画を張っておきますが、やっぱり90年代初頭の「ジュリアナ東京」的な匂いがしますね。



あ~当時のBeat UKって、こんな怪しいクリップがずっと流れてたわ。今改めて聴いても怪しくてカッコいい。
[PR]

by zakiryo | 2009-07-06 04:56 | Electronica
2009年 06月 18日

Michita / One

Jeff Hansonの次は三沢が急逝って。しかもまた、試合で死んじゃうなんて。全日が分裂して以降プロレス自体をほとんど見なくなっちゃったけど、まさかエース選手がバックドロップで死ぬなんて。

大仁田とかずるこい人間が元気で、なんでよりによって三沢やねん、っていうのもプロレスファンなら共通で思うところだろうけど…。
全日四天王時代の王道プロレス以上に、見る人に勇気を与えるスポーツなんて後にも先にも出てこないと思います。本当に残念。

と、そんな悲しいニュースが多い中、個人的に起こる出来事もネガティブなものが多くて、最近はこんな音源をしみじみと聴いています。

■ Michita / One

b0166043_2482730.jpgMichitaは、北海道(確か帯広だったはず)で活動するトラックメイカーで、この「One」はほぼ全曲インストのアルバムです。
その他のアルバムではラッパーさんとコラボってるみたいなのですが、それはちょっと僕には言葉が強すぎて、インストだけを楽しめるこの「One」の方が随分としっくりきます。

曲の構成としては、どれもアタックの強いブレイクビーツに綺麗なメロディが載るっていう感じなのですが、そのメロディが無茶苦茶に美しい。

排他的な表現になってしまうけれど、「ああ、雪国の感覚だなあ」と思う凛としたメロディで、聴いていると寂寞とした晩秋や、雪がしんしんと降り積む光景が思い浮かぶ…気がします。



プラスでもなく、マイナスでもなく、ただニュートラルな感情でいることを許容する音楽というのも、時に大きな励みなのです。
[PR]

by zakiryo | 2009-06-18 02:53 | Electronica