Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:EMO( 2 )


2009年 06月 08日

Jeff Hanson死去…

「一番好きなアーチストは誰ですか?」と聞かれることがあれば、僕は悩むことなくJeff Hansonというアメリカのシンガーソングライターの名前を挙げていました。

実際は小太りのお兄ちゃんなのに、女性のような声で繊細な曲を紡ぐ、出来そうで出来ない、いそうでいない無二のアーチストで、特に1stの「Son」は何回聴いたか分からないぐらい、僕の人生にとっては重要なアルバムです。

そのJeff Hansonが、数日前に亡くなったことをついさっき知りました。(状況的に飛び降り自殺のようです。ソースはこちら

いやー。なにこれ。すげえショックなんですけど…。
誤報じゃねえの?とあれこれ調べてみたのですが、どうも複数のソースに掲載されているので事実らしく、海外のサイトに投稿されているファンのコメントを呆然と眺めていました。いやー…。きついな、これ。まだ31歳って。3枚しかアルバムだしてねえのに。

さっきも書いた1stの「Son」は、東京の制作会社で働いていた、個人的にとても辛い時期に聴いていたアルバムで、ごくパーソナルな価値になってしまうけれど、僕にとっては曲がいいとか歌がいいとか、他人と共有できる物差しを超越して時間とため息と思い出が詰まった人生のサウンドトラックな一枚で、この先どれだけの新しい音源を聴いたとしても、「Son」を超える思い入れを抱くことはないだろう、という確信があるぐらい特別なものなんです。

結果的に最初で最後となってしまった来日公演にも北海道から行ったんですけど、ライブの最後に前座についたバンドがバックについて、フルバンド形態で3曲だけだけど演奏したのが、もう、すげー良くって。30歳のいいおっさんが、下唇がぷるぷるさせて、必死に号泣するのを堪えるという。音楽に接して、「感極まる」としか表現しえない瞬間を体験するのも、きっとあの日が最初で最後になるような気がします。

だいぶ遅れたけど3rdアルバムも日本盤が出たので「ひょっとしたら来日するかも」とか淡い期待を抱いていたのに、まさかこんな訃報を聞くことになるなんて。




もっともっと、彼の歌が聴きたかった。
[PR]

by zakiryo | 2009-06-08 01:23 | EMO
2009年 04月 05日

The Anniversary / Your Majesty

人々は、喪失や断絶にこそ集う。
多くの人が思春期に知る、人と人の間に横たわる深い溝こそが、創作と共感の源泉だと思うのです。例えば、The Anniversaryのアルバムみたいに。

■ The Anniversary / Your Majesty

b0166043_19252183.jpgEMOとカテゴライズされるバンドのなかには、パンクと近い勢いのある曲をメインにするバンドも多いのですが、The Anniversaryは、ミドルテンポの曲に切ない男女Voのメロディが乗る、冒頭に書いた喪失感、断絶感をとても強く感じさせる、EMOど真ん中なバンドです。
特にキーボードを兼ねる女の子のVoハーモニーがとにかく切なくて良くて、なんかもう、Shadow in youthとしか形容できない切なさ。

例えば、恋愛の過程でネガティブな出来事が起こった時。
誰もが感じる、言葉にできない「あの感じ」が、このアルバムではメロディとなって歌われているというか。

バンドは残念なことにこの「Your Majesty」を2001年に発表後、解散をしてしまったのですが、今もし再結成をしてアルバムを作ったとしても、同じような喪失感ややりきれなさを楽曲に込めることはできないと思います。それだけこのアルバムには、人生のある一時期しか持てない感情と瞬間が詰まった、EMOの名盤です。



今回のエントリーを書くために改めて調べてみたりしたのですが、発売当時に購入して、いつも聴き続けてきたアルバムなので、もう8年も経っていたのかと驚きました。
と同時に、8年聴き続けても摩耗しないメロディの力を再認識した気がします。個人的には、歴史に残るべき名盤として猛烈にプッシュしたい1枚。
[PR]

by zakiryo | 2009-04-05 19:30 | EMO