Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

Third Eye Blind / Ursa Major

酒井法子はJohn Fruscianteばりに大復活するんじゃなかろうか、と考えたり考えなかったりの8月はかなり忙しくて、やさぐれた日々に少しでも潤いをと久しぶりにCDを買いました。

1枚は、今は亡きThe Anniversaryが残していたBサイド&レアトラック集「Devil on Our Side」、もう1枚はThird Eye Blindの新譜「Ursa Major」。ということで、今回はThird Eye Blindをピックアップしたいと思います。

■ Third Eye Blind / Ursa Major

b0166043_217376.jpg97年に発表したセルフタイトルのアルバムからいきなり「Semi Charmed Life」が全米1位を獲得して、(僕のなかで)完全に「一発屋」のラベリングがされていたのですが、そのまま消えていくかと思われた2003年に「Out of the Vein」を発表。

これがめちゃめちゃ良くて、(僕のなかで)俄然注目度が高まったのにまたしても時間が空いて、やっとこさ発表された新譜がこの「Ursa Major」です。しかし「Out of the Vein」から6年も経ったのか…。

音楽性はド直球なアメリカンロックといった感じで、夏の日のドライブには手放せません!というと雰囲気を掴んでもらえるでしょうか。青空に向かって走り出すような、気持ちの良いロック。

今回の「Ursa Major」も「Out of the Vein」とほぼ同路線・同クオリティの良いアルバムだと思います。後半ややしんみりした曲が続くかな?という気もするけど、それはそれで良し。ということで、1stシングルの「Don't Believe a Word」をどうぞ。



しかしながら、実のところ一緒に購入したThe Anniversaryの「Devil on Our Side」は、このアルバムを上回る内容で、特にDisc2は「新譜です」といっても通用するクオリティ。

なかでも、8分半もある「I Believe That the End of the Reign of Terror is Soon Near」は名曲です。演奏技術に長けたバンドではないけど、起伏のある構成に憂いのハーモニーが載る、バンドの良さが凝縮された、本当にいい曲。タイトルからして今の僕には泣けるし。「Soon Near」だといいなあ…。
[PR]

by zakiryo | 2009-08-31 02:21 | Alternative
2009年 08月 11日

Free / Heartbreaker

この週末、テレビを見ていて一番思ったことは「当時ののりピー語っていい加減すぎ」ということです。なんであれで人気でるの?あんなんだったら僕でもマンモス言えるピー。

で、日本がのりピー音頭に熱中していた頃からさらに10年近く遡った70年代、イギリスではブサイク4人組が鳴らすブルースロックに、のりピー語と同じぐらい、今となっては信じがたい黄色い声援が贈られていました。

■ Free / Heartbreaker

b0166043_5424370.jpgFreeは、イギリスで67年に結成されたブルースロックバンドで、VoのPaul Rodgersは、現在QueenのVoとして参加しています。
このバンドの看板といえば、やはりそのPaul Rodgersの歌声と、小っちゃいおっさんことPaul Kossoffのギターです。主観でしか判断し得ない感情表現手法に順序付けをするなんて特に意味があるとは思いませんが、こと歌の上手さといえば、僕はPaul Rodgersが一番なんじゃないかと思っています。

All Right Nowなど、彼らを代表する曲はいろいろありますが、アルバム単位であれば「Free Live!」がベスト的な選曲なのに加えて、絶頂期の彼らの空気を閉じ込めていることもあって「まず初めの1枚」としてお薦めしたいところ。
さしてルックスが良い訳でもなく、楽曲も地味なブルースロックなのに、女性から物凄い黄色い声援が飛んでいて驚きます。当然僕が生まれる前の話なので実際の様子は分かりませんが、当時はそれこそ酒井法子ばりに人気があったようです。

で、今回の動画は、次に僕の好きなアルバム「Heartbreaker」のタイトルトラックをどうぞ。72年の日本でのライブ映像で、Paul Kossoffはいないけど、やっぱPaul Rodgersの歌がめちゃめちゃ良いです。



名曲。

******

そして最後にまた告知になってしまうのですが、細々と運営しているネットショップで、今とうきび(とうもろこし)を新たに販売しています。
ちょっと事情があって、とうきびは特に販売を頑張らないといけないので、もしよろしければ覗いて見て頂けると幸いです。

とうきびの詳細はこちら
[PR]

by zakiryo | 2009-08-11 05:44 | 70s / Stoner
2009年 08月 09日

Tim Christensen / Honeyburst

たまに「高校生が、男女交際のゴタゴタを理由に相手を刺しちゃった」的なニュースを聞くことがありますが、そんな出来事をモニター越しに見るたびに、僕は「ああ。乗り越えられなかったのか…」と暗い気持ちになります。(40歳過ぎたいいおっさんが同じことやったらただの馬鹿でしかないけど)

高校生の頃なんて物事を消化する能力を後天的に学ぶ過程の真っ最中だと思うし、その過程で起こる、激しい感情の波を伴う出来事をやり過ごすことができるかどうかって、本当に紙一重なんじゃないかと。

誰だって相手を刺す側になる危険はあって、実際に刺してしまった高校生と街を歩くカップルとの間に決定的な違いがあるのかと言われたら、僕は全然ないと思うのです。相手のことが大切であればあるほど、感情的な反動は大きいだろうし、その波が襲ってきたときに、例えば共感できるCDに出会ったとか、物凄く良い天気の日に公園にいったとか、緩和できる些細な何かがあれば、それだけでやり過ごすことができたかもしれない。

そんな風に、多くの人が主に失恋を通して知り、乗り越える感情のライン。
今回取り上げるTim Christensenは、感情のラインを乗り越えはしたけれど、同時に大きな影を引きずるようになってしまったミュージシャンです。

■ Tim Christensen / Honeyburst

b0166043_5323943.jpgTim Christensenは、元々Dizzy Mizz LizzyというバンドのVo&Guだった人なのですが、バンドは1998年に解散。その後ソロとなって2枚目に出したアルバムが「Honeyburst」です。

Dizzy Mizz Lizzyは、日本でも主にメタル界隈のリスナーを中心に人気があったのですが、本国デンマークでの人気は本当に凄かったらしくて、デビューアルバムは人口550万人の国なのに20万枚も売れたんですって。25人に1人はこのアルバムを買った、ってことですね。(赤ちゃんからおじいちゃんまで含めて、です)
日本で言えば、ミスチル的なポジションって感じでしょうか。

そんなDizzy Mizz Lizzy時代のTim Christensenは、一ファンが勝手に抱いていた印象ですけれども、いかにも若者的な、健全に世間を舐めている風で「どうよ?このメロディ?カッコよくね?」と無邪気に演奏する人だったように思います。

が、バンド解散と時を同じくして大きな失恋を経験したらしく、数年後ソロになって戻ってきてからは、彼のビジュアルも、そして楽曲も以前とは比べようもなく、暗くなった。歌詞の内容も失恋やコミュニケーションの断裂絡みばっかだし。

ただ、その経験がソロになってからの楽曲に、以前にはない深み?を与えているようにも思います。こんな↓曲のように。(ドラムの人は一体何歳なんだろう…)



初めてこの曲を聴いたとき、アコギの出だしに「あー。タルい曲なのかな」と思ったらスネアがダダダダッって入って一気に爆発、と予想外の展開に大きな衝撃を受けました。そして今聴いても良い曲。

************

人が大きな感情の波やラインを越える時、初めてその人の内省に柔軟性や多面性が付与されると思っています。
海の底まで考えて、苦しんで感情の波を乗り越えるからこそ得られるものもあるんだと、もしまさに交際相手に刃を向けようとしている高校生がいるならば、余計なお世話だと思いつつも、このCDと一緒に言ってあげたい。
[PR]

by zakiryo | 2009-08-09 05:36 | Alternative
2009年 08月 02日

mouse on the keys / Sezession

人は誰でも年を重ねるにつれ、いろいろと嗜好は変わっていくものですが、僕の場合は「シンプルであればあるほど良い」という気持ちが年々強くなってきている気がします。

それは音楽に対しても同様で、30歳前後から、それまでは見向きもしなかったtoeやMogwaiのような、歌を伴わない所謂「ポストロック」スタイルに強く惹かれるようになりました。

今回紹介するmouse on the keysも、そんなポストロック / マスロックにカテゴライズされる、シンプルであるがこその力強さをもったバンドです。

■ mouse on the keys / Sezession

b0166043_417859.jpg「Sezession」は、toeが運営するMachupicchuというレーベルから出た1st miniアルバムで、「toeのレーベルから出た」というのでほぼ説明がついてしまうぐらいtoeと「音の目指す先」が似ている。(細かいことを言えば、mouse~の方がマスロックっぽいけど)

元々、ドラムとキーボードの2人組だったのが、新たにもう一人キーボードが加わって3人体制となって初めて出した音源でもあります。ギターがいない代わりにキーボードがいる、っていうギターレス編成はたまに聞くけど、キーボード2人にドラム1人ってかなり珍しいような。(因みに、2人目のキーボードの人が加わるまで、ドラムの人が片手でドラムを叩いて、もう片手でキーボードを弾いていました。それも凄い…)

ということで、動画は「Sezession」の1曲目「最後の晩餐」をどうぞ。ドラムがかっけー。



シンプルで凛々しく、そして美しい。続けてるECサイトも、そんな風でありたい。
[PR]

by zakiryo | 2009-08-02 04:18 | Post Rock