Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 13日

Paradise Lost / Faith Divides Us Death Unites Us

もうろう会見で注目を浴びた政治家、中川昭一が急逝しました。
あの人の選挙区って北海道(十勝のあたり)なので、先日の選挙で落選したときにはローカルニュースでかなりの時間を割いて放送され、望む望まないに関わらず、なんとなく身近な政治家でありました。

で、そんな中川昭一が急逝したニュースも否応なく注目することになったのですが、色々な人が思想や党派を超えて弔辞を述べる報を聞くにつれ、Faith Divides Us Death Unites Us っていう言葉をよりリアルに感じました。

■ Paradise Lost / Faith Divides Us Death Unites Us

b0166043_1394074.jpgそんな厭世的と言うか、シニカルなタイトルを冠したParadise Lost 12枚目のアルバムが発表されました。以前4th「Icon」を取り上げたことがありましたが、もう12枚目だって。これだけ長いこと一定の間隔でアルバムを発表し続けていること自体が、今となっては凄いことだよなあ。

で、今回のアルバムは「Paradise Lost」~「In Requiem」と同路線と言っていい、もう完全にメタル回帰な内容です。感触としては、「Shades of God」あたりまで遡ってもいいぐらいに。
なので、これまでのアルバムを聴いている人にとって目新しさは皆無だけど、曲にしろ、ギターのメロディにしろ、失望よりも興奮が勝る充実の出来栄えだと思います。やっぱGreg Mackintoshっていいメロディ弾きますよ。

因みに、今回は日本盤を買ってライナーを読んだのですが、超問題作「Host」は仕方ないにしても、その次の「Believe in Nothing」「Symbol of Life」まで駄作扱いされていて、「うむむ」と。
個人的に、この2枚は全然良いアルバムだと思うんですよね。いい加減、一時のエレクトロ路線化で負ったハンデから解放してあげて欲しいと、ファンとしては願わずにおれません…。



しかし、Faith Divides Us Death Unites Usって経済の世界でも同じですよね。善人のふりしてわずかな利益を奪い合う世界に身を置いてそれを痛感しない方がおかしいし、「友愛」なんかより余程真理を突いてる。

僕らは、死をもってしか分かち合うことができない。悲しいけど。
[PR]

by zakiryo | 2009-10-13 01:44 | Death / Gothic
2009年 10月 04日

The Almighty / Crank

最近、「Tim Christensen」というキーワードでのアクセスが多くて「なんで今頃?」と思っていたのですが、あれですね、Dizzy Mizz Lizzyが再結成するんですね。最近のTimは渋い曲ばっか作ってるから、再結成したことだしぜひ以前のDizzy~路線でアルバム作って欲しいな。

で、そのDizzy Mizz Lizzyが日本でライブをした時、カップリングとして組まれたのがThe Almightyです。
音楽性はたいして近くもなく、当時は「なんでこの組み合わせなんだろう」と思ったけど、どちらのバンドもその頃が絶頂期だったようには思います。
(The Almightyも、Pete Friesenを含む面子で再結成と聞いたような聞かないような…)

ということで今回は「小型Motorhead」こと、The Almightyについてです。

■ The Almighty / Crank

b0166043_736146.jpgThe Almightyは89年結成の4人組で、活動当初から4枚目の「Crank」辺りまでは、さっき書いた「小型Motorhead」と称される、馬力型のロックを鳴らすバンドでありました。日本では3rdの「Powertrippin'」辺りから注目を集めるようになった…はず。

本国UKのチャートではその3rdが最も好成績を収めたみたいですが、ここ日本で彼らの地位を確かなものにしたのは、間違いなく次の「Crank」です。終始パンキッシュな楽曲に男臭いボーカルが乗る完璧な出来栄えで、今聴いても発表から15年も経ったと思わせないカッコよさ。

前の「Powertrippin'」も、次の「Just Add Life」も、さらにその次の「The Almighty」も聴いたけど、どれも「Crank」の完成度には遠く及ばない、奇跡のような1枚なのです。「90年代のロックアルバムから好きな10枚を選べ」と言われたら、間違いなくこのアルバムはピックアップする…と思う。

ただ、そこそこの成功を収めたバンドは何を血迷ったのか、次の「Just Add Life」ではブラスを入れた曲をシングルカットしたり、明らかにマイナス方向の路線変更をして低迷期に突入。以後今に至るまで以前の輝きを取り戻すことは出来ていません。(今、「Just Add Life」を改めて聴くとそんなに悪い出来じゃないんだけど、当時は心底ガッカリしたものです)

動画は、そのCrank収録の「Jonestown Mind」を貼っておきますが、もし「お!」と思うところがあれば、こちらも名曲の「Crucify」を合わせてどうぞ。



このThe Almightyには「Over the Edge」って曲がありまして、ライブでこの曲を演奏する時には「It's Time to Over the Edge!」というコールがお約束でした。もちろん、これから演奏する「Over the Edge」という曲の紹介なんですけれども、

It's Time to Over the Edge!(今が限界を超える時だ!)

っていう内省への呼びかけとも取れる訳で、今でもふと思い出す、好きな言葉だったりします。
[PR]

by zakiryo | 2009-10-04 07:37 | HM / HR