Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 28日

Manic Eden / Manic Eden

すっかり懐古主義的な色合いに染まる当ブログでございますが、今回も94年に遡りまして、ex.Whitesnake等のAdrian Vandenbergが結成したManic Edenを取り上げたいと思います。Manic Edenは、メタル村の皆さんですら忘れているであろう、地味ながらも良いバンドなのです。

■ Manic Eden / Manic Eden

b0166043_3345035.jpg先述の通り、このバンドはGuのAdrian Vandenbergを中心に、その脇をRudy SarzoとTommy Aldridgeが固めると言う、メタル村的には「スーパーバンド」とまでは言えないまでもB!の表紙&巻頭記事を飾るぐらいのメンツ。VoのRon Youngもなかなかいい歌を歌っておりました。

Adrian Vandenbergっつーと、メロディアスなギターを弾く人ってイメージがあったのですが、このManic Edenはジミヘンフォロワーっぽいブルースロック路線で、それが個人的にはドストライク。
しかし、どうもその路線が世間的にキャッチャーも取れないような暴投となってしまったらしく、今のところセルフタイトルの1stだけで活動を終えてしまっています。レコファンとか行くといつも100円とかで中古盤が売られていたりするし、個人的に好きなバンド・アルバムだっただけに切ないんですよね…。

で、唯一のアルバムとなった「Manic Eden(S.T)」のなかで一番好きなのが、「Ride The Storm」というバラードです。

Ride The Wind, Ride The Storm
Take your life in your own hands
Cause you know each man is born alone

東京を離れて、大学のある岡山で一人暮らしを始めるって時だったので、当時はこのサビの歌詞が拠り所みたいになってました。



良い曲だわ…。因みに、このアコースティックライブは横浜そごうで収録してた伊藤政則の番組ですよね。これも懐かしい…。

今となって考えれば、仕送りもらっている学生の一人暮らしなんて「own hands」でもなんでもないけれど、当時の身の丈で、自立とか成長とかっていうあやふやなものを精一杯追おうとしていたことは間違いなくて、この曲を聞くたびに、初めて一人暮らしをした街の4月の光景を思い浮かべます。

あー。でも早く自分の手で人生の風や気流を捕まえないとな。仕事頑張ろう。
[PR]

by zakiryo | 2010-03-28 03:36 | HM / HR
2010年 03月 08日

Ellie Goulding / Lights

先週の後半から、1年ぶりぐらいに東京に戻りました。
基本、仕事目的の「出張」ではあったのですが、1年ぶりということもあったのでちょっと滞在を長くして帰省も兼ねてしまおうと。

で。東京滞在中、待ち合わせの時間調整でタワレコに行ったらこの人の曲が流れており、「無駄遣いはしないぜ!」という気持ちも虚しく、あっさり購入をして北海道に戻ってきました。

■ Ellie Goulding / Lights

b0166043_058749.jpg最近の新人さん事情が全く分からないのですが、どうやらこのEllie Gouldingは、BBCのSound of 2010の第1位に選ばれた人なんだそうです。(過去、ADELEとかMIKAとかが選ばれたやつですよね?)

音について、「フォークトロニカ」っていうカテゴライズで語られているそうですが、個人的には「んー。そうかな?」って感じ。ポップミュージックど真ん中、女性Voモノとして何か目新しくて革新的な要素がある訳ではないと思います。
ただ、そのポップミュージックど真ん中路線で堂々と勝負できるだけの魅力的なメロディラインは、やはり非凡とも思います。歌メロが、ちょい捻り気味でクセになるんですよね。

僕がタワレコで耳奪われたのは、この↓This Love (Will Be Your Downfall)だったのですが、他の曲も良いです。



そんな今回の出張&帰省ではいろいろありまして、実は昨年末、父親に直腸がんが見つかって手術をしていた、ということも今になって初めて聞かされました。

転移はしていない、ってことなので今は過去形で流していい内容と思うのですが、祖父母がいずれも長寿だったので、自分のなかでは「ウチの両親も長生きすんだろ」と勝手に決め付けていたところがあって、それだけに驚いたし、やはりショックでもありました。またね、そういう時に限って父親も羽田まで車で送ってくれたり、「お茶飲んでいく?」とか普段は言わないようなこと言い出したりするし。

これまでは意識したことのなかった「時間の終わり」が忽然と姿を現すと、「今のところ転移していない」という理性があっても、「羽田のゲートで分かれた姿が最後になるかもしれない」っていうリアルな恐怖感はぬぐい去れないものですね。

しかし、「時間は有限である」なんて当たり前のことなのに、なんでいつもこうして終わりが見えないと身を持って理解することができないんだろう。
[PR]

by zakiryo | 2010-03-08 00:59 | POP