Tidal Wave

zakiryo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 30日

今年聴いたアルバムBest10

今年も順調に放置し続けました当ブログでございますが、年末お約束のBest10だけは更新するのであります。
しかし、今年唯一の更新がFreak of Natureって我ながら酷いな…。

そして今年も対象としているのは作品の発表年ではなく、あくまで「今年僕が聴いた」という括りになり、No1以外に差はありません。

■The Black Crowes / Before the Frost

1枚目は、The Black Crowes現時点での最新作?「Before the Frost」です。
このバンドのブルース/ブルーグラスっぽい曲って個人的には全く好きではなくて、未だに「By Your Side」を最高傑作と思っているような人間ですが、そんな人にも「Before the Frost」は非常に取っ付き易い、アップテンポの曲が多い内容。

加えて「Appaloosa」とか情感豊かな曲も多かったりで、僕的The Black Crowesの最高傑作は10数年ぶりに更新された感じがします。このアルバム発表後、バンドはまた活動休止らしいけど勿体ないよなあ…。

動画は「Appaloosa」と並んで好きな曲「Houston Don't Dream About Me」をどうぞ。リードギターのちょっとしたフレーズにグッと来る良曲です。



■The Burial / Lights & Perfections

ボク、コトシハ、Djentヲ、オボエタ!

ということで、浦島太郎なおっさんリスナーは去年のデスコアに続いて今年はDjentというジャンルを知るに至った訳ですが(ただしデスコアとテクデスとDjentの違いは未だに分からん…)、いくつか聴いたDjnetっぽいアルバムの中で特に良かったのが、The Burialの2nd「Lights & Perfections」です。

ズンズンズズズンとデスコア/Djnetっぽい楽曲の中にメタル村の村人にも分かるメロディを入れてくれているのが良いですな。この「Pearls; The Frailty Of Matter」終盤の突貫パートはうんこ漏らすほどカッコイイ。



■Christian Mistress / Possession

姉御的ビジュアルの女性Voを中心としたNWOBHMバンドの2nd。Amazonのバーゲンコーナー(いつも大変お世話になっております)で見つけました。

ここ数年流行の兆しを見せるNWOT(Traditional)HMではなくて、あくまでB(British)な、チープな音質とリフ・オリエンテッドなB級メタル。Voも女性だからこそ、っていう特徴がある訳でもなく、単純に曲と演奏がカッコイイというのに尽きる。ツインリードも山盛り入っていて良い感じです。



■Enoch / Hierophant

HMVのセール(いつも大変お世話にry)で見つけたドゥーム/ストーナーバンド。

大麻草が自生する地、北海道で暮らしておりますが、大麻どころかお酒もごく偶にしか飲まない人間なので、この手の音楽は「ドゥームパートはひたすら我慢。バーストする瞬間に如何にカタルシスを感じさせてくれるか」が肝な訳です。

その点、このEnochは溜めて溜めて溜めた末、ぶりっぶりなギターで四方八方に鬼グルーブを撒き散らしてくれるので、シラフな僕でも大満足!普段からドゥーム/ストーナーを聴いている方であれば、確実に耳を引く魅力があると思います。

曲の展開としては「どろ~ん→ノリノリ!」か「ノリノリ!→どろ~ん」のどっちかですが、今回はより分かりやすい後者パターンのこの曲をどうぞ。



■The Fading / In Sin We'll Find Salvation

今となっては珍しい存在となってしまった、キーボードを使わないオールドスクールなメロデスバンドの1st。
W.O.AのWacken Metal Battleっていうコンテストで優勝した?バンドらしく、そのためか「Wacken Records」というレーベル(初めて聞いた…)から出ているアルバムです。

で、音楽性は先述の通り2本のギターだけで勝負に挑む「古き良きメロデス」です。
アルバムのなかには捨て曲としか思えないクオリティな曲もあるし、個人的に好きなスタイルなので甘めの評価なのかもしれないけど、キラーチューンの凄まじい出来から、メロデス界隈で最も大きな将来性を感じました。

動画を載せた「Angel Within」は、曲の終わり方まで含めて完璧な今年のBest Tune。



■In Vain / Mantra

ジャンルで言えばデス/ゴシックなんだろうけども、とはいえ、ひと言では言い表しにくい色んなバンドの影響がごった煮になったバンドであり、アルバム。Amon AmarthとBorknagarとOpethを足して、曲によって引き出しを開けるというか…。その「ごった煮」感がひとつの個性と言えば個性かもしれないです。

と、褒めているのか貶しているのか分からない紹介の仕方ですが、曲のクオリティとしては文句なく高くてですね、Vintersong風のノーマルVoで歌い上げる長尺曲を中心に、ヴァイキングメタルっぽい突貫パートがあったり、その出来には文句のつけようがありません。(動画は1曲目のエディット版PVです)



■John Frusciante / Pbx Funicular Intaglio Zone

個人的には、今年一番の問題作。

epと同様にギターらしいギターがほとんどない作風で、まあそれはいいとしても(本音を言えばThe Will to Death路線で作ってほしいけど…)、ドラック中毒期に度々登場していた低音グロウルがまさかの大復活ですよ。
以前からJohnのあの歌い方だけは苦手なので、めっちゃテカテカしながら発売日を待ってやっと聴けたのに、正直落胆の方が大きかったぐらい。

その後なんだかんだ言いながらもよく聴いたので今回選んだけれど、動画を貼った「Mistakes」とか躁鬱っぽいしなあ…。John大丈夫なんかい、という想いは拭えない。



■Omnium Gatherum / Spirits & August Light

2003年発表の1st。今年の最新アルバムも良かったので、合わせ技的な感じでピックアップしました。

キーボードを含む今風な布陣のメロデスバンドではありますが、主役はあくまで2本のギター。なかでも1stのリフの切れっぷりは凄まじい物があります。「Writhen」「Amor Tonight」あたりは、忙しなくリフが疾走する「これぞメロデス!」な名曲!!

中古で拾った1stにあまりの衝撃を受けて、その後最新アルバムも聴いてみたけど、こちらは「もしもIn Flamesがメロデスを続けていたらきっとこんな感じ」といった、まあまあな内容でした。




■Tim Christensen / Superior

聴きそびれていたTim Christensenの3rdがめでたく日本盤化されました。
The Damn Crystalsも日本盤出たし、Dizzy Mizz Lizzyの再結成が大きな転機になって良かったねえ…と以前からのファンとしてはしみじみ。

Timのアルバムはどれも「超絶な名曲がある一方で捨て曲も多い」という構成で、3rdもThe Damn Crystalsも同様に思います。でもいいんです、ファンは全部聴くから。

で、Superiorの中では、出だしのギターフレーズ一つで空気を変える「India」が一番良かったです。
平易な言葉を選ぶのは表現における怠惰に他ならないけど、Tim Christensenに対しては「天才」という形容しか思い浮かばん。



そして最後に挙げるのが今年聴いた中で最も印象に残ったアルバム、Natanの「Het Zicht Van De Dood」です。

■No.1 : Natan / Het Zicht Van De Dood

ベルギー出身で「Het Zicht Van De Dood」は2008年の1st。現時点では、これが唯一のアルバムのようです。
抒情トレモロリフとブラストを中心にした、スタイルとしては典型的なメロディック・ブラックメタル。Voはベルギー語?なのかな?英語以外の言語を使っているけど、ワキャー!ワッキャッキャー!としか聴こえないので、まあいいかな、と。

で、このバンド/アルバムの何がいいかと言うと、1つは民族民謡的な色合いを持った静動の対比です。
アコギやバイオリン、また女性Voなどなどを駆使してIn Flamesの1stチックな民謡メロを奏でては一転、激烈なトレモロリフに雪崩れ込んでいく様は圧巻。

んでもう1つの良さは、ギターの泣きメロっぷりです。
静のパートだけではなくて、曲の中心を成すトレモロパートでも聴き手の意識を離さないメロディが矢継ぎ早に繰り出されていきます。

メロブラの入り口として紹介されるのは、恐らくDissectionの初期2枚だと思いますが、個人的にはこのアルバムの方が遥かに上をいくと思います。これはもう名盤。

そんなアルバムの中から、アルバムの色を最も端的に表している「Velden van bloed」をどうぞ。
リッチー・ブラックモアの嫁がゲスト参加…というのは嘘だけど、そんな感じの女性Voから曲は始まります。


[PR]

by zakiryo | 2012-12-30 03:25 | 雑記
2012年 12月 01日

オクルココロ リンク一覧

お仕事関係のリンクを掲載させて頂いています。すみません…。
オクルココロ 北海道で暮らす人々が作り出す美味しさと喜び
オクルココロ
北海道で暮らす人々が作り出す美味しさと喜び

杉本農園ゆめぴりか5kg
中島農園くりやまメロン
菓子工房モンパリ げんこつパイ
なんぽろロースジンギスカン
家具工房旅する木 乳歯入れ
浦河餃子.com
北海道浦河町から日高昆布や行者にんにくなどの餃子をお届け

小樽・札幌西区の新築注文住宅、リフォーム手掛ける|有限会社北美建
札幌市アパート戸建住宅の外壁塗装・塗り替え|ナカゾエ塗装
[PR]

by zakiryo | 2012-12-01 07:43 | 雑記